春日・大野城・那珂川消防本部

  1. ホーム
  2. 消防本部の紹介
  3. 消防団について
  4. 地域を守る消防団

消防本部の紹介

地域(ちいき)(まも)消防団(しょうぼうだん)

 火事をはじめとするいろいろな災害から、皆さんを守るのは、私たち消防署だけではありません。もう一つ、皆さんの身近に「消防団」という組織があります。
 消防団は、地域に根ざした防災組織です。
 消防団員は、会社員、自営業などそれぞれ職業を持ち、火事、事故その他の災害が発生した時、皆さんを、地域を守るため、現場に駆けつけ、消火活動、人命救助活動、災害復旧活動などにあたります。
 私たち消防署員と違って、彼らはボランティアと言っても過言ではありません。それも、体を張った厳しいボランティアです。

 夏は、消防団の訓練シーズンです。昼間の仕事に疲れた体にムチ打って、夜間の訓練に取り組んでいます。
 彼らを動かしているものは、地域愛・郷土愛に他なりません。
 現在管内には、春日市消防団・大野城市消防団・那珂川町消防団:3団 595人の消防団員が活躍しています。

今日もまじめに働くサラリーマン・おおのジョー。
「火災発生!」 ジョーは、消防団に早がわり。
急げジョー!走れジョー!かんばれジョー!
街のため「明日のジョー」になるんだ「今日のジョー!」

消防出初式(でぞめしき)
日頃はモクモクと
仕事をしていますが・・・
ポンプ操法訓練(そうほうくんれん)
災害時には出動します!!
年末警戒(ねんまつけいかい)
訓練も怠りません(ゼイゼイ)

「消防団について」へ戻る