春日・大野城・那珂川消防本部

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 小規模な飲食店等にも消火器の設置が必要となります!

お知らせ

小規模な飲食店等にも消火器の設置が必要となります!

小規模な飲食店等にも消火器の設置が必要となります!

平成28年12月に発生した糸魚川市大規模火災の教訓を踏まえ、小規模な飲食店等に対する消火器具の設置義務が強化されます。

新たに消火器の設置が必要となる飲食店とは

 飲食店で次のすべてに該当する場合は、消防法施行令第10条に基づき、消火器の設置が義務づけられます。

  1. 建物の延べ面積が150㎡未満

    ※建物全体の面積が150㎡以上の場合は、従前から設置が必要。

  2. 業として飲食物を提供するため、コンロなどの火を使用する設備または器具を設けている。

    コンロなどの火を使用する設備または器具に、防火上有効な措置(SIセンサーなど)が講じられている場合は、消火器の設置が必要ありません。
    ※春日・大野城・那珂川消防組合火災予防条例で設置が義務となる場合があります。

施行日はいつから

 2019年10月1日 から適用されます。

点検・結果報告について

 今回の改正により、新たに設置した消火器は、消防法第17条の3の3の規定により、防火対象物の関係者は定められた期間ごとに、消防用設備等の点検及び報告する義務があります。

  • 機器点検:6か月に1回
  • 点検報告:1年に1回

お問い合わせ先
春日・大野城・那珂川消防署
予防担当:092-584-1198

「お知らせ一覧」へ戻る