○条件附採用職員の勤務成績の評定に関する規程

平成11年12月15日

訓令第9号

(目的)

第1条 この規程春日・大野城・那珂川消防組合職員の条件附採用に関する規則(平成11年規則第23号)第1条に規定する条件附採用期間中の職員(以下「職員」という。)の勤務成績の評定に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(評定表)

第2条 職員の勤務成績の評定は、その職員の監督者が、別記様式の「評定表」によって行う。

(評定結果の報告)

第3条 監督者は、職員が条件附採用の日から2月及び5月を経過したときは、その職員のその時までの勤務成績を評定し、前条の評定表を調製のうえ、直ちに消防長を経て組合長に報告しなければならない。ただし、消防吏員の職にあって、福岡県消防学校初任科教育入校期間中の職員の評定表の調製にあたっては、同教育期間の勤務成績を評定表に替えることができる。

2 監督者は、前項の5月を経過したときの報告においては、勤務成績の評定とともに正式採用についての意見を附さなければならない。

第4条 監督者は、職員の勤務成績が特に良好であるか又は勤務成績が良好でなく若しくは職務に必要な適格性を欠くと認められる者があるときは、前条の報告のほか、その都度、その具体的事実に、前条第2項の意見を附し、消防長を経て組合長に報告しなければならない。

(評定表の回付)

第5条 職員が異動等により、他の監督者の所属に属する職務に転出した場合においては、以前の監督者は、その職員のその時までの勤務成績を評定し、その評定表を新たな監督者に回付しなければならない。ただし、職員の勤務期間が1月に満たないときはこの限りでない。

2 前項により回付された評定表は、第3条の報告の際、これを添付しなければならない。

(監督者の責務)

第6条 監督者は、評定の目的を十分に認識し、厳正公平にこれを行い、職務に関係しないことに基づいて評定してはならない。

(評定表等の保管)

第7条 評定表及びこの規程に基づくその他の報告書は、総務課が厳密に保管しなければならない。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

様式 略

条件附採用職員の勤務成績の評定に関する規程

平成11年12月15日 訓令第9号

(平成11年12月15日施行)

体系情報
第5編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成11年12月15日 訓令第9号