○春日・大野城・那珂川消防組合公用文に関する規程

平成14年3月28日

訓令第2号

(総則)

第1条 公用文の種類、書き方、文体、用字、用語、書式、その他公用文の作成に関しては別に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(公用文の種類)

第2条 公用文の種類は、次のとおりとする。

(1) 公示文

 条例

 規則

 告示

 公告

(2) 令達文

 訓令

 指令

(3) 往復文

照会、回答、通知、依頼、報告、通達、依命通達、諮問、答申、進達、副申、申請、願、届、建議、勧告等

(4) その他

賞状、表彰状、感謝状、証明書、書簡

(公用文の書き方)

第3条 公用文は、左横書きとする。ただし、次に掲げるものは縦書きとする。

(1) 法令等の規定によって様式が縦書きに定められているもの。

(2) 他の官公庁において様式を縦書きに定めているもの。

(3) その他総務課長が縦書きを適当と認めたもの。

(文体)

第4条 公用文の文体は、国語体とし規程文並びに規程文以外の告示及び公告には「ある体」を、その他の公用文にはなるべく「ます体」を用いるものとする。

2 公用文の作成にあたっては、次に掲げる事項に留意しなければならない。

(1) 文語脈の表現はなるべくさけること。

(2) 文章はなるべく短くくぎり又は箇条書きにすること。

(3) 文の飾り、あいまいなことば、又はまわりくどい表現はなるべくさけること。

(4) 敬語については、ていねいになりすぎないように表現すること。

(用字)

第5条 公用文の用字は、次の各号の定めるところによるものとする。

(1) 漢字は、常用漢字表(昭和56年内閣告示第1号)に掲げる漢字、字体及び音訓の範囲内で用いるものとする。ただし、次に掲げることばについては、この限りではない。

 専門用語

 日本人の地名及び人名、その他の固有名詞

(2) 次の左欄に掲げることばの用字については、それぞれ当該右欄に定めるところによる。

 代名詞、副詞及び接続詞〔規程文において用いるものを除く。〕 原則としてひらがなを用いる。

(例)

私―わたし(わたくし)

其れ―それ

尚―なお

夫々―それぞれ

並びに―ならびに

従って―したがって

 感動詞、助動詞、助詞及び補助動詞 ひらがなを用いる。

(例)

噫―ああ

~の様だ―~のようだ

然うだ―そうだ

位―くらい

迄―まで

~して居る―~している

~して見る―~してみる

 動植物の名称 ひらがなを用いる。ただし、常用漢字表に掲げる漢字(以下「常用漢字」という。)で書けるものにあっては当該漢字を用いることができる。

(例)

ねずみ、馬、ひのき、桑

 あて字が用いられていることば及び熟字訓 ひらがなを用いる。

(例)

六ケ敷―むずかしい

矢張―やはり

今日―きょう

一人―ひとり

 常用漢字で書けることばで意味が当該漢字から離れているもの、一語としての意識が強いもの又は当該漢字で書くと誤読されるおそれがあるもの。 全部又は一部にひらがなを用いる。

(例)

骨折―ほねおり

顔立―顔だち

引張―ひっぱる

仕組―しくみ

工夫―くふう

大勢―大ぜい

 外来語で日常の使用において、外来語としての意識のうすいもの。 ひらがなを用いる。

(例) かるた、たばこ、さらさ

(3) 中華民国以外の外国の人名及び地名、前号カに掲げる外来語以外の外来語並びに外国語はかたかな書きにしなければならない。

(例) エジソン、ヴイクトリア、フランス、アラビア、アジア、ガス、ガラス、マツチ

2 公用文のかなづかいは、現代かなづかい(昭和21年内閣告示第33号)によるものとする。

3 公用文の送りがなのつけ方は、「送りがなのつけ方」(昭和34年内閣訓令第1号)及び「法令用語の送りがなのつけ方」(昭和34年法制局総発第134号)によるものとする。

4 数詞の書きあらわし方は、次の各号の定めるところによる。

(1) 数字は、算用数字を用いること。ただし、次の場合には、漢字を用いること。

 数の感じが少なくなった場合

(例) 一般、一部分、一例

 「ひとつ」、「ふたつ」、「みっつ」等と読む場合

(例) 一つずつ、二間つづき、三月ごと。

 万以上の数を書きあらわすときの単位として最後にだけ用いる場合

(例) 100億、1,000万

 概数を書きあらわす場合

(例) 数十日、四五人、五六十万

(2) 整数の部分は、けたごとに「,」をつけて単位区分すること。

(例) 1,100、9,634,123

(3) 数に単位以下の端数がある場合には、整数と少数の間に「.」をつけること。

(例) 0.375(.375)、1,234.567

(4) 分数、帯分数、又は倍数を書きあらわす場合には、次のように書くこと。

(例)

分数 画像(画像、2分の1)

帯分数 画像(画像)

倍数 1,000倍

(5) 日づけを書きあらわす場合には、「平成13年8月1日」のように書くこと。ただし、表の中に書く場合には「平成13.8.1日」のように書くことができる。

(6) 時刻表を書きあらわす場合には、「午後3時30分」又は、「15時30分」のように書くこと。ただし、表の中に書く場合には、「午後3.30」又は「15.30」と書くことができる。

(7) 時間を書きあらわす場合には、次のように書くこと。

(例) 9時間10分

(8) 四半期を書きあらわす場合には、次のように書くこと。

(例) 第1―4半期

(9) 縦書きの場合の数字は、漢字を用い横書の例による。

(用語)

第6条 公用文の用語は、次の各号の定めるところによらなければならない。

(1) 特殊なことば、かたぐるしいことば又は使い方の古いことばは、日常一般に使われているやさしいことばに言いかえること。

(例)

禀請―申請

懇請する―お願する。

(2) 言いにくいことばは、口調のよいことばに言いかえること。

(例)

拒否する―受け入れない。

はばむ―さまたげる。

(3) 音読することばで耳で聞いて意味のわかりにくいもの、又は意味が二様にとれるものは、意味のめいりょうな他のことばに言いかえること。

(例)

塵埃―ほこり

協調する(「強調する」とまぎれるおそれがある。)―歩調を合わせる。

(4) 二つ以上の漢語を続けて用いることにより意味が不めいりょうとなる場合は、適当に助詞等を用いてこれらの漢語をつなぐこと。

(例) 職業訓練所指導員研究会 職業訓練所の指導員の研究会

(5) 常用漢字以外の漢字を用いたことば(第5条第1項第1号ア、及びに掲げることばを除く。)は、次ののことばに書きかえ、又は言いかえること。

 ひらがな書きにしたことば。

(例)

斡旋―あっせん

挨拶―あいさつ

 意味の似た同じ音の当用漢字を用いたことば。

(例)

車輛―車両

智慧―智恵

 当用漢字で書くことのできる他のことば。

(例)

竣工―落成(完工)

鞭達―激励

 前アから、までによることができないことばは、常用漢字以外の漢字の部分をひらがな書きにしたことば。

(例)

口腔―口くう

右舷―右げん

(細別の番号)

第7条 規程文の条又は項において事物の名称その他の区分を列記する場合においては、(1)(2)(3)の番号を用いて号を置くものとし、号を細別する場合並びに規程文以外の公用文を細別する場合における細別の部分をあらわす番号及び記号並びにその順序は、次の各号に掲げるとおりとする。ただし、「第1」「第2」「第3」等の番号は用いないことができる。

(例)

画像

(くぎり符号)

第8条 規程文以外の公用文において用いるくぎり符号は、次の各号に掲げるとおりとし、その用い方は、慣例による。

(例)

「。」、「,」、「・」、「.」、「:」、「( )」、「〔 〕」、「『 』」、「~」及び「―」。

(人名及び地名)

第9条 人名の配列順序は、アイウエオの順によるものとする。

2 地名をひらがな書きにする場合は、次の各号によるものとする。

(1) その土地の呼び名(地方的ななまりのあるものを除く。)を基準とすること。

(2) 「じ」又は「ぢ」で書くかどうか区別の根拠のつけにくいものにあっては「じ」を、「ず」又は「づ」で書くかどうか区別の根拠のつけにくいものにあっては「ず」を用いること。

(公用文の書式)

第10条 この規程による公用文及び議案の書式については、福岡県公文例規程(昭和34年福岡県訓令第27号)の関係部分の例に準じて左横書に改めたものとする。

附 則

1 この規程は、公布の日から施行する。

2 公用文の書式等について施行前に在庫及び使用中のものは附則第1項の規定にかかわらず、なお従前の例によることができる。

春日・大野城・那珂川消防組合公用文に関する規程

平成14年3月28日 訓令第2号

(平成14年3月28日施行)