○春日・大野城・那珂川消防組合公印管守規程

平成14年3月1日

告示第6号

(この規程の趣旨)

第1条 春日・大野城・那珂川消防組合における公印の管守、使用その他公印に関しては、別に定めるもののほかこの規程の定めるところによる。

(公印の種類)

第2条 この規程で「公印」とは、次のものをいう。

組合長印、会計管理者印、消防長印、消防署長印、総務課長印、個人情報保護審査会長印、個人情報保護審議会長印、情報公開審査会長印

(平19告示3・一部改正)

(公印の名称等)

第3条 公印の名称、ひな形、形状、寸法及び書体は別表のとおりとする。

(公印の取扱い)

第4条 公印の取扱いについては、厳格かつ正確に行われるよう注意しなければならない。

(公印の管守者)

第5条 公印の管守者(以下「管守者」という。)は、公印を慎重に取り扱い、盗難、紛失、不正使用等の事故がないよう十分注意しなければならない。

2 管守者は、別表のとおりとする。

3 公印を使用しようとする者は、決裁済みの文書をそえて公印管守者の照合を受け、公印使用簿(様式第1号)に必要な事項を記入しなければならない。

(公印の持出禁止)

第6条 公印は、管守者の指定する場所以外に持ち出して使用することはできない。ただし、特に管守者が、必要と認めた次に掲げる場合はこの限りでない。

(1) 文書の作成にあたり複雑かつ急を要する場合で公印を持ち出さなければその目的を達し得ないとき。

(2) 諸証明等同一な内容を有する文書で、部数が多量のとき。

(公印の新調、改刻又は廃棄)

第7条 管守者が公印を新調、改刻又は廃棄しようとするときは、この年月日及び理由を付して組合長に届け出て承認を受けなければならない。

2 前項の承認を受けて、新調又は改刻した公印は、総務課に備付けの公印登録簿(様式第2号)に登録した後でなければ使用することができない。

第8条 第2条又は第3条の規程にかかわらず、特に必要と認める印については、組合長の承認を受けて公印とすることができる。

2 前項の公印の使用については、前条第2項の手続を準用する。

(公印の刷込)

第9条 公印の押印を必要とする文書で、同一内容のものを多数印刷する場合において、支障がないと認められる時は、公印の印影又はこれを縮小若しくは拡大したものを刷り込むことができる。

2 前項の規定により、公印を刷り込もうとするときは、理由を付して組合長の承認を受けなければならない。

3 公印を刷り込んだ印刷物は、台帳を備え付けてその受渡しを明らかにしておかねばならない。

(平21告示14・一部改正)

(公印の事故)

第10条 公印が紛失その他の事故により所在不明となったときは、直ちに組合長に報告しなければならない。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年4月1日告示第3号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年6月15日告示第14号)

この告示は、公布の日から施行する。

別表

(平21告示14・全改)

公印名

ひな形

形状

寸法

(ミリメートル)

書体

管守者

備考

春日大野城那珂川消防組合長印

1

正方形

24×24

てん書体

総務課長

 

春日大野城那珂川消防組合会計管理者印

2

正方形

21×21

てん書体

会計管理者

 

春日大野城那珂川消防本部消防長印

3

正方形

24×24

てん書体

総務課長

 

春日大野城那珂川消防長印

4

正方形

18×18

てん書体

総務課長

 

春日大野城那珂川消防署長印

5

正方形

24×24

てん書体

総務課長

 

春日大野城那珂川消防本部総務課長印

6

正方形

21×21

てん書体

総務課長

 

春日大野城那珂川消防組合個人情報保護審査会会長印

7

正方形

24×24

てん書体

総務課長

 

春日大野城那珂川消防組合個人情報保護審議会会長印

8

正方形

24×24

てん書体

総務課長

 

春日大野城那珂川消防組合情報公開審査会会長印

9

正方形

24×24

てん書体

総務課長

 

春日大野城那珂川消防本部消防長印

10

正方形

21×21

てん書体

総務課長

予防課

(ひな形)

1

2

3

画像

画像

画像

4

5

6

画像

画像

画像

7

8

9

画像

画像

画像

10

 

画像

画像

画像

春日・大野城・那珂川消防組合公印管守規程

平成14年3月1日 告示第6号

(平成21年6月15日施行)