○春日・大野城・那珂川消防組合職員の旧姓使用に関する要綱

平成20年2月5日

告示第23号

(趣旨)

第1条 この要綱は、婚姻、養子縁組その他の事由により戸籍上の氏を改めた職員について、改姓前の氏(以下「旧姓」という。)を組合の文書等において使用することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(適用職員)

第2条 この要綱は、職員及び嘱託職員(嘱託職員の任用に関する規程(平成11年告示第14号)第2条第2号に規定する者をいう。)に適用する。ただし、臨時的に任用された職員については、この限りでない。

(旧姓を使用することができる文書等)

第3条 旧姓を使用することができる文書等は、旧姓を使用しても法令等に抵触する恐れがなく、かつ、職務遂行上支障がないと認められる対内文書等とし、別表に掲げる文書等に限る。

(承認申請)

第4条 職員は、文書等に旧姓を使用しようとするときは、旧姓使用承認申請書(様式第1号)により、消防長に申請し、その承認を受けなければならない。

2 前項の申請書は、所属長を経て消防長に提出するものとする。

(承認通知)

第5条 消防長が旧姓の使用を承認した場合において、旧姓使用承認通知書(様式第2号)により、所属長を経て当該職員に通知するものとする。

(使用中止届)

第6条 前条の規定により承認を受けて旧姓を使用している職員が、その使用を中止しようとするときは、旧姓使用中止届(様式第3号)を、所属長を経て消防長に提出しなければならない。

(所属長及び使用者の責務)

第7条 所属長は、所属職員の旧姓使用に関し、適切な運用が図られるよう努めなければならない。

2 旧姓を使用する職員は、旧姓を使用するに当たっては、住民及び他の職員等に無用な誤解や混乱が生じることのないように努めなければならない。

(承認の取消し)

第8条 消防長は、職員の旧姓使用によって職務の遂行上支障が生じていると認めるときは、当該職員に係る旧姓使用の承認を取り消すことができる。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、職員の旧姓の使用に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成20年2月5日から施行する。

別表(第3条関係)

 

旧姓を使用することができる文書等

1

職員の呼称(公権力の行使に係るものを除く)

2

名札・名刺

3

出勤簿

4

勤務日誌

5

職員配置表

6

起案文書

7

休暇承認申請簿

8

他行申請

9

時間外等勤務命令簿

10

部隊編成簿

11

特殊勤務手当整理書

12

特別休暇・病気休暇関係書類

13

育児休業関係書類

14

職務に専念する義務の免除関係書類

15

旅行命令簿

16

非常連絡系統連絡表

17

庁内LANログインアカウント

画像

画像

画像

春日・大野城・那珂川消防組合職員の旧姓使用に関する要綱

平成20年2月5日 告示第23号

(平成20年2月5日施行)