春日・大野城・那珂川消防本部

  1. ホーム
  2. 生活安心情報
  3. 救命処置の手順(心肺蘇生法とAEDの使用の手順)

生活安心情報

救命処置の手順(心肺蘇生法とAEDの使用の手順)救急編

心肺蘇生法(心臓マッサージと人工呼吸)

1 反応を確認する

大丈夫ですか?と声をかけているイラスト
イラスト 救急蘇生法の指針2010 市民用より
  • 傷病者の肩をやさしくたたきながら
  • 「大丈夫ですか」「もしもし」などと耳元で呼びかける。

2 助けを呼ぶ(119番通報とAED手配を依頼する)

助けを呼んでいるイラスト
イラスト 救急蘇生法の指針2010 市民用より
  • 反応がなかったら、大声で助けを求める
  • 近くにいる人または、誰か来たら、その人に119番通報とAEDを持って来るよう依頼(近くにある場合)する。
  • 一人の場合は心肺蘇生法を始める前に、119番通報とAEDの手配を自分で行う。

3 呼吸を調べる(普段どおりの呼吸があるかどうかを観察)

息をしているか確かめているイラスト
イラスト 救急蘇生法の指針2010 市民用より

傷病者の呼吸を観察するために胸と腹部の動き(呼吸するたびに上がったり下がったりする)を10秒以内でみる。

※呼吸停止状態、正常な呼吸や胸と腹部の動きが普段どおりでない場合、死戦期呼吸(喘いでいるような呼吸)の場合でも、心臓が止まっているとみなして心肺蘇生法を行います。

4 胸骨圧迫

心臓マッサージをしているイラスト
イラスト 救急蘇生法の指針2010 市民用より
  • 押さえる力の目安
    • 大人→両手で約5cm沈むまでしっかり圧迫する。
    • 小児→両手又は片手で胸の厚みの1/3までしっかり圧迫する。
    • 乳児→指2本で胸の厚みの1/3までしっかり圧迫する。
  • 胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返して行います。
  • 強く、速く、絶え間なく、圧迫解除は胸がしっかり戻るまで。
  • 圧迫の速さは1分間に100~120回

5 気道を確保する(空気の通りをつくる)

気道を確保しているイラスト
イラスト 救急蘇生法の指針2010 市民用より

額を押さえながら、下あごを2本指で引き上げ、頭をそらせるようにして気道を確保する。

6 人工呼吸

人工呼吸をしているイラスト
イラスト 救急蘇生法の指針2010 市民用より

1秒かけて、胸の上がりが見える程度の量を2回吹き込む。

※人工呼吸ができない時は省略できます。

7 胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせ(心肺蘇生法)を続ける

※傷病者が普段どおりの呼吸を始める。あるいは目的のある仕草が認められるまで、あきらめずに心肺蘇生法を続けます。心肺蘇生法中に救急隊員など熟練した救助者が到着しても、心肺蘇生法を中断することなく、その指示に従ってください。

AED(自動体外式除細動器)

  • AEDは到着しだいすぐに使用します。
  • 未就学児の場合は小児用パッドを使用します。
  • 小児用パッドがない場合は成人用パッドを代用します。
  • 成人→ 成人用パッド 
    小児用パッド ×
     小児(未就学児)→ 小児用パッド 
    成人用パッド 

1 AEDを準備し傷病者の横に置く

AEDの準備

※成人用パッドを小児(未就学児)に使用する場合は、胸と背中に貼ってください。

2 AEDのフタを開け、電源を入れる
  (フタを開けると自動で電源が入る機種もあります。)

AEDの電源を入れる

その後は、AEDの音声に従って操作する。

3 電極パッドに書かれた絵と同じように、傷病者に電極パッドを貼り付ける

電極パッド
電極パッドの貼りつけ
  • 電極パッドは直接肌に貼り付ける。
  • 傷病者の胸部について以下のことを確認し、パッドを貼り付ける。
    • 濡れてない確認~水や汗などで濡れているとパッドが密着しません。(タオルで拭き取る)
    • 付けてない確認~貼り薬(ニトロ・シップ等)がパッド貼り付け箇所にあれば、確実にはがして薬剤も拭き取ります。
    • ペースメーカー確認~心臓ペースメーカーや除細動器が埋め込まれている場合は、胸に硬いこぶのような出っ張りが見えます。貼り付け部位にこの出っ張りがある場合は、電極パッドは出っ張りを避けて貼り付けてください。

4 解析中は傷病者に触れない

解析中は傷病者に触れない

メッセージに従い、周囲に対して「離れてください」と注意を促す。

5 除細動(電気ショック)の指示が出たら、安全を確認した後に通電ボタンを押す

安全確認をする

周囲に対して「離れてください」と注意を促し、「自分よし」「周りよし」と確認後にボタンを押す。

6 除細動(電気ショック)を実施したら、直ちに(電極パッドを貼った状態での)心肺蘇生法を行う

除細動を実施
心配蘇生法の実施

機種によってはさらに解析し除細動メッセージが流れる場合がありますので、その時はAED音声に従う。

※心肺蘇生法を5サイクル(2分間)実施後は、再度解析が始まるので4→5→6の順で、救急隊が到着するまで、もしくは反応があるまで行ってください。

年齢別比較表

大項目 手技 成人
(16歳以上)
小児
(1歳以上16歳未満)
乳児
(1歳未満)
発見

通報
発見時の対応手順 ・肩を(かるく)たたきながら、大声で呼びかけて、何らかの応答や目的のある仕草がなければ「反応なし」とみなす。
通報等 救助者二人
以上の場合
・反応がなければ、その場で大声で叫んで周囲の注意を喚起し、CPRを開始する。
・誰かが来たら、その人に119番通報(緊急通報)とAEDの手配(近くにある場合)を依頼し、自らはCPRを継続する。
救助者一人
の場合
・救助者が1人だけのときは、自分で119番通報を行ない、AED(近くにあれば)を取りに行き、その後CPRを開始する。
心肺蘇生法 呼吸の確認
(=心停止の確認)
・呼吸は胸と腹部の動きを見て「普段どおりの呼吸か」を10秒以内で確認する。
・「普段どおりの呼吸」がない場合、特に死戦期呼吸(いわゆる喘ぎ呼吸)を認める場合は心停止とみなす。
回復体位 ・反応はないが、普段どおりの呼吸がある場合は、気道確保をして応援や救急隊の到着を待つが、応援を求めるためやむをえず現場を離れるときには、傷病者を回復体位にする。
CPRの開始手順 ・「普段どおりの呼吸」がない場合は心停止とみなし、胸骨圧迫から開始し、胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせを速やかに開始する。
胸骨圧迫 位置 ・胸骨圧迫の位置の目安は胸の真ん中(左右の真ん中で、かつ、上下の真ん中)である。
(必ずしも衣服を脱がせて確認する必要はない。)
方法 ・腕2本:一方の手のひらの基部をあて、その手の上にもう一方の手を重ねる。 ・腕2本:一方の手のひらの基部をあて、その手の上にもう一方の手を重ねる。体格に応じて片手で行う。 ・手指2本を用いる。
程度
(深さ)
・胸が約5cm沈むまでしっかり圧迫する。 ・少なくとも胸の厚さの1/3までしっかり圧迫する。
速さ
(テンポ)
・圧迫の速さ(テンポ)は100~120回/分の速さ
回数比
(C:V)
・胸骨圧迫と人工呼吸との回数の比を30:2とする。
実施上の
留意点
・交代可能な場合には、たとえ実施者が疲れを感じていない場合でも、1~2分間を目安に交代することが望ましいが、交代による中断時間をできるだけ短くする。
気道確保 ・外傷の有無に関わらず、気道確保は頭部後屈・あご先挙上法で行う。
人工呼吸 ・約1秒かけて、胸の上がりが見える程度の量を吹き込む。
(口対口、口対口鼻人工呼吸を行う際には、できれば感染防護具を使用することが望ましい。)
AED 使用の
タイミング
・「普段どおりの呼吸」がなければ、直ちにCPRを開始し、AEDが到着すれば速やかに使用する。
AED
プロトコール
・対象傷病者に対し、電気ショックを1回行った後、観察なしに直ちに胸骨圧迫を行うことを推奨する。
・2分後にAEDによる心電図チェックが始まるので胸骨圧迫を中断する。
・以降は使用するAEDの音声メッセージに従って進める。
小児への
除細動の実施
・未就学児(およそ6歳まで)に対しては、小児用パッドを用いる。小児用パッドがないなどやむを得ない場合、成人用パッドで代用する。 ・乳児に対しては、小児用パッドを用いるべきである。小児用パッドがないなどやむを得ない場合、成人用パッドで代用する。
電極パッド
装着の留意点
・AEDの電極パッドは右上前胸部(鎖骨下)と左下側胸部(左乳頭部外側下方)に貼付する。
・電極パッドを貼る場所に医療用の植え込み器具がある場合には、パッドを離して貼る。
・電極パッドは経皮的な薬剤パッチ(ニトログリセリン、ニコチン、鎮痛剤、ホルモン剤、降圧剤など)や湿布薬などの上に直接貼るべきではない。貼付場所の薬剤パッチ等は取り去り、貼ってあった部位をふき取ったあと電極パッドを貼り付ける。
・傷病者の体が濡れている場合には、胸の水分を拭き取って、電極パッドが濡れた部位に接触しないように貼り付ける。
・小児用パッドを成人に使用してはならない。
胸骨圧迫なしの
人工呼吸
・例外を除いては行わない。
(呼吸なし=心停止となったため必然的に廃止)
CPRをいつまで
続行するか
・救急隊などに引き継ぐまで、または傷病者に呼吸や目的のある仕草が認められるまで続ける。
気道異物除去 気道異物
除去
反応がある
場合
・強い咳ができる場合には、傷病者本人の努力に任せる。
・異物が取れるか反応がなくなるまで、2つの方法を数度ずつ繰り返して続ける。
・妊娠していると思われる女性や高度な肥満者に腹部突き上げは行わず、背部叩打のみを行う。
・気道異物による窒息と判断した場合は、ただちに119番通報(緊急通報)を誰かに依頼した後に、頭部を下げて、背部叩打や胸部突き上げを実施する。
・腹部突き上げは行わない。
・異物が取れるか反応がなくなるまで、2つの方法を数度ずつ繰り返して続ける。
反応がない
場合
・反応がなくなった場合は、ただちに119番通報し、心停止に対して行う心肺蘇生法の手順を開始する。
・心肺蘇生を行っている途中で異物が見えた場合は、それを取り除くが、見えない場合には、やみくもに口の中に指をいれて探らない。また、異物を探すために胸骨圧迫を長く中断しない。


主に市民が行う一時救命処置アルゴリズム


救急車の適正利用にご協力を(PDF 97KB)

熱中症について(PDF 90KB)

消防編へ


「生活安心情報」へ戻る