春日・大野城・那珂川消防本部

  1. ホーム
  2. 生活安心情報
  3. BREATHING 人工呼吸

生活安心情報

BREATHING 人工呼吸救急編

呼吸をしていないときは、すぐに人工呼吸を行ってください!

口対口人工呼吸法

口対口人工呼吸法のイラスト
  1. あおむけに寝かせる。
  2. 気道を確保する。
  3. 鼻をつまむ。
  4. 傷病者の口を自分の口でおおう。
  5. 約1秒かけて、胸の上がりが見える程度吹き込む。
  6. いったん口を離し、同じ要領でもう1回吹き込む。

※感染防止
口対口の人工呼吸を行う際には、できれば感染防護具を使用するのが望ましい。

※人工呼吸を省略してもよい場合
傷病者に出血がある場合や、感染防護具を持っていないなどにより口対口人工呼吸がためらわれる場合には、人工呼吸を省略し、すぐに胸骨圧迫に進みます。

Circulation 胸骨圧迫(心臓マッサージ)


「生活安心情報」へ戻る