春日・大野城・那珂川消防本部

  1. ホーム
  2. 生活安心情報
  3. こんな場所にいたら

生活安心情報

こんな場所にいたら災害編

家の中

  • 火を使用中のときは、ただちに火の始末を。 ガスは元栓をしめ、コンセントは抜く。
  • テーブルなどの下にもぐり、身を守る。余裕がなければ座布団やまくらなどで頭を保護する。
  • 転倒落下の危険のある家具や照明器具、 割れる恐れのある窓ガラスなどからできるだけ離れる。
  • ガラス片などでケガをする恐れがあるので、裸足で歩き回らない。
  • ドアを開けて出入り口を確保する。ドア枠がゆがみ、扉が開かなくなることがある。
  • マンションなどで玄関から避難できないときは、ベランダから避難はしごなどを利用して避難する。
  • 乳幼児や病人、お年寄りの安全確保を。
  • 避難するときは、エレベーターはつかわない。

ガスコンロのひをけしているイラスト

テーブルのしたにははとこどもがもぐっているイラスト

デパート・スーパー

  • ショーウインドーから離れ、柱や壁際に身を寄せ、衣類や荷物などで頭を守る。
  • 大型の家具や家電製品などの下じきにならないよう、安全な場所に移動する。
  • 食器、ガラス製や照明器具の落下にも注意する。
  • 出入口に殺到するとパニックを起こす。店員の指示に従って、落ち着いて行動する。
  • 階段では将棋倒しの危険があるので、駆けおりたりしない。
  • エレベーターは絶対に使わない。

うりばからにげているイラスト

ははとこどもがじゅうぎょういんからゆうどうされているイラスト

地下街

  • 耐震性の面でも防災設備の面でも地下街は比較的安全な場所なので、あわてないで係員の誘導に従う。
  • 指示がない場合は、カバンなどで頭を守りながら壁伝いに歩いて、最も近い出入口から地上に出る。

ちかがいからひなんしているイラスト

電車・バスの中

  • 急停車や揺れの衝撃に耐えるため、つり革や手すりなどにしっかりつかまる。
  • 途中で停車しても、非常コックを開けて勝手に車外へ出たり、窓から飛び出さない。
  • 棚からの落下物、ガラスの飛散に備えてカバンなどで頭を保護する。
  • 駅のホームにいる場合は、時刻表示板、モニター用テレビ、自動販売機などから離れる。

3人がそれぞれつりかわ、ぼう、あたまをまもっているイラスト

車を運転中

  • ハンドルをしっかり握り、徐々にスピードを落として車を道路の左側に止める。急ブレーキは絶対避ける。
  • 冷静に周囲の状況を観察しながら、カーラジオをつけて正確な情報を収集する。
  • 避難が必要なときは、キーをつけたままドアもロックしないで車を離れる。車検証などの貴重品は忘れずに持ち出す。

どうろひだりがわにていしゃしてひなんしている。キーはさしこんだままのイラスト

路上

  • その場に立ち止まらず、窓ガラスや看板などの落下物からカバンなどで頭を保護して、空き地や公園などに避難する。
  • へいや自動販売機などからすぐ離れる。
  • あわてて車道にとび出さないこと。車が走っていたりして危険です。
  • 電柱などにしがみつかないこと。切れた電線に絶対にさわらない。

あたまにカバン、ビルのうえかららっかぶつがおちているイラスト

学校

  • 近くに先生がいるときは、かならずその指示にしたがいましょう。
  • 先生がいないときは、あわてないで机の下にもぐりましょう。
  • かならず防災ずきん(ないときは、カバン、本など)をかぶって、頭を守りましょう。
  • けいこう灯の下や窓のそばはガラスがとんでくることがあり、くつ箱やロッカーは倒れることがあります。危険ですから近寄らないようにしましょう。
  • 音楽室にいたらピアノからはなれ、図書室にいたら本だなに近よらないようにしましょう。
  • 校庭にいたらすぐに校舎やへいからはなれ、運動場のまん中に集まりましょう。
  • 避難の時は、おさない・かけない・しゃべらないの約束を守り、先生の指示に従い、ひなんの途中でも、ひなん場所についてからも、勝手な行動はとらない。

つくえのしたにもぐっているイラスト

こうていにあつまっているイラスト

こどもにたいして、せんせいがしじしているイラスト

わが家の安全対策


「生活安心情報」へ戻る