春日・大野城・那珂川消防本部

  1. ホーム
  2. 職員募集案内
  3. 先輩たちの声

職員募集案内

先輩たちの声

消防隊

消防副士長  内野 竜佑

内野消防副士長の写真 私が消防士を目指したきっかけは、父が消防士だったからです。幼稚園の頃、消防車に乗った父が避難訓練の指導に来たことを覚えています。その頃から「消防士ってかっこいい!」と憧れを抱いていました。幼い頃からバスケットなどスポーツが好きで、体を使った仕事がしたい、人の役に立てる仕事に就きたいと思っていた私にはピッタリの仕事だと思い、消防士を目指しました。
 私が配属されている消防隊の業務には、火災・救急・救助の現場活動の他にも、地域住民へ災害に関する知識を持ってもらうために行う、消火避難訓練や防災訓練の指導などがあります。人の命に関わる仕事であるため、厳しい訓練や悲惨な災害現場などを経験し、つらいと感じることもあります。しかし「人を助けたい!」という同じ熱い気持ちを持った仲間がいるからこそ、乗り越えることができています。また、現場活動を通して、隊が一丸となり個々の役割を果たし困難を乗り越えたときには、安堵感と達成感を得ることができます。
 消防士を志している皆さん、熱い気持ちを持って、私たちと一緒に災害に立ち向かっていきましょう!そして、住民が安全で安心できる街、そして、地域が助け合える街を作っていきましょう!

救助隊

消防副士長  中村 和貴

中村消防副士長の写真 東日本大震災が発生したとき、私は自衛隊員として災害派遣で被災地に行き、そこに広がる悲惨な光景、そこに暮らす方の大変な生活を目の当たりにして、もっと住民に寄り添った活動ができないか、そして自分を育ててくれた地元に恩返しができる仕事がしたいと思い、転職して消防士になりました。
 現在、私は救助隊に配属され、火災現場や交通事故、水難事故などの多種多様な救助現場に出動して活動しています。災害現場では普段では考えられないようなことが起こっていることも少なくありません。それもそのはずです。私たちが呼ばれるときは、みなさんが一生に一度遭遇するかしないかの出来事が起こっているわけですから。救助隊は、そのような現場に迅速に対応するために体力はもちろんのこと、知識、技術を習得し、そして経験を積み、いつ起こるか分からない災害に日々備えています。救助隊は、取り扱う機材も多く、救助方法も多種多様であり、覚えることも多いです。そして厳しい訓練できついこと、つらいこともあります。しかし、住民の安全安心を守る喜びは他には変え難いものです。
 これから消防士になろうと思っているあなた。思ってなくてもこのページを見たあなた。春日・大野城・那珂川消防本部には「住民の安全を守りたい!」という熱い志を持った仲間がたくさんいます。そんな熱い仲間の一員になりませんか?待っています!

救急隊

消防士  松浦 里佐子

松浦消防士の写真 私は学生の頃から、災害救助や救急医療に興味があり、いつかはそんな現場で活動してみたいと思っていました。そんな時、「JPTEC」という、病院に搬送されてくる前段階の救護活動について学ぶ研修に参加しました。この研修参加をきっかけに、大きな災害の時だけでなく、私たちの日常の中で発生する事故や急病に迅速に駆けつけ、傷病者の不安に寄り添いながら的確な処置をする救急隊員に大きな魅力を感じ、消防士を志しました。
 現在は、救急隊に配属され、救急業務に励んでいます。救急業務といっても出動ばかりではありません。事務仕事や救命講習なども行っています。
 救命講習では病気や事故が起こる前に、住民の皆さんにその予防に取り組んでいただく大切さを伝えます。そして、もしも病気や事故が発生してしまった場合には、その場に居合わせた皆さんに心肺蘇生法等の応急処置を行う重要性と、その方法について実技を踏まえて伝え広めることも私たちの仕事のひとつです。
 人生で救急車を呼ぶ機会はあまりないと思います。そんな誰かにとっての一大事に駆けつけ、対応をすることができるこの仕事はやりがいを感じられます。一方で、私自身、男性が多い職場で働くなかで自分の力不足や不甲斐なさを感じることも多々あります。しかし、多種多様な現場では様々な経験を積むことができ、また、先輩から多くのことを学ぶことができるこの職場では、住民の方々にとってより良い活動が出来る、強くも優しい人間に成長していくことが出来るのではないかとも感じています。
 皆さんも、自分の心も体も成長させられる、この職場で一緒に働いてみませんか。

予防課指導係

消防士  鬼塚 亮太

鬼塚消防士の写真 消防士になろうと思ったのは、私が大学生のときでした。父を病気で亡くしたことがきっかけとなり、人の命を救う仕事に就きたいと考えるようになったからです。
 みなさんは消防の仕事といえば、どんなことを思い浮かべますか?火災・救助・救急現場での活動をイメージするのがほとんどだと思います。
 しかし、現場での活動だけが消防の仕事ではありません。火災を未然に防ぐため、つまり火災現場を1つでも減らし、人命危険をなくすための仕事もあります。それが、私が配属されている消防本部予防課の仕事です。
 予防課には指導係と予防係があり、指導係は建築物や消防用設備等(消火器、自動火災報知設備など)に関する仕事を、予防係は危険物(ガソリン、軽油など)に関する仕事を主に行っています。
 私は、指導係員として、建物や消防用設備等が消防法の基準に適合しているか審査を行ったり、立入検査を実施して法令違反を是正したりと、火災を未然に防ぐため日々業務に励んでいます。予防業務を通じ、火災を発生させないことが人命救助の第1歩であり、予防課の大切な使命です。
 消防の仕事は多岐にわたっています。「自分はやっていけるのだろうか。」と思うことなく、消防士になりたいと希望するなら挑戦してほしいと思います。消防士を目指すきっかけは様々だと思いますが、まず夢への第1歩を踏み出してください。
 「夢ある挑戦を待っています」

「職員募集案内」へ戻る