春日・大野城・那珂川消防本部

  1. ホーム
  2. 生活安心情報
  3. 風水害に備える

生活安心情報

風水害に備える災害編

台風とは

 熱帯地方(東経180度より西の北西太平洋)で発生した低気圧を熱帯低気圧といいます。そのうち、最大風速が毎秒約17m以上になったものが台風です。
 台風は右側の方が強風になりやすいために、そちら側の被害が大きくなりがちです。

たいふうのようすのイラスト

台風の大きさ

呼び方 風速15m/s以上の半径
台風 500km未満
大型の台風(大きい台風) 500km以上~800km未満
超大型の台風(非常に大きい台風) 800km以上

台風の強さ

呼び方 最大風速(m/s)
台風 17m/s以上~33m/s未満
強い台風 33m/s以上~44m/s未満
非常に強い台風 44m/s以上~54m/s未満
猛烈な台風 54m/s以上

風の強さと想定される被害

風速 状況
10m/s~15m/s 看板やトタン板がとび始める
15m/s~20m/s 風に向かって歩けない
20m/s~25m/s しっかりと体を確保しないと転倒する
25m/s~30m/s 立っていられず、ブロック塀がこわれる
30m/s~ 屋根がとび、家が倒れることもある

集中豪雨とは


「生活安心情報」へ戻る